スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハムレット」あらすじと感想

途中、飽きるかな?と、早送りかもしれない..と、想ったけど興味深く楽しめました。
名作だけありますね。モノクロ映像も慣れました。
舞台の中に「ハムレット」のシーンがあるので、レンタルで観ました。
-----------
イントロダクション:(1948年 / イギリス )
名優、ローレンス・オリヴィエが全力で挑んだシェークスピアの名作悲劇。
王である父が死に、尊敬していた叔父が母と再婚して王になったことに疑問を抱く王子・ハムレットは、ある夜、父の幽霊から自分を殺したのは叔父だと告げられ苦悩する。
-----------


言い回しが演劇調なので難しい。わかりやすく説明すると、日本でいう時代劇にあたるセリフ回しなので理解しにくい。

ハムレットは父の亡霊にあい....いわれる。
「非道な殺人に復讐するのだ」
静かにゆっくりと、かすかな声でささやくようにいう。決して怒鳴るでもなく、大声でもない口調で。(舞台のコウイチとは全然違う話し方)

「殺人はいつでも非道だが、これこそが残虐非道な殺人だ」

耳に毒液を寝てる(昼寝中)間に弟に入れられ殺された王。
「復讐する時に母を傷つけてはいけない。
母は天にかませるのだ。父を忘れるではないぞ」そう言い残し消え去る。

ハムレットは深く嘆き苦しむ。
「この混乱した頭に記憶の続く限り覚えてるぞ。この記憶の板から、幼少よりの記憶を消し、父の命令だけをこの頭に残しておく。天に誓う!」とハムレットは大声で叫び誓う。
叔父上に復讐を!天に剣に誓うハムレット

自殺も考えるが悪夢をも恐れてやめる...
このシーンあたりは、本当に劇場で観るだろう、演劇そのものの台詞。

父の亡霊から事実を聞かされ、復讐するのだけど、その前に城に芝居役者たちが来て、亡霊父のいうように芝居させるのです。
何も知らずに芝居を見ていた叔父、その時の国王は激しい動揺と怒りに狂う。
それを見てハムレットは確実な証拠を手にいれたことになる。

ハムレットの母が2ヶ月で叔父と再婚したのを激しく嫌がっていて。
しかも叔父と...昔は亡くなった人の兄弟と、再婚はよくある話みたいだけど2ヶ月じゃ確かに早い。

一応?叔父も(国王)も芝居を見て動揺し、神に祈り反省もする。
その時、ハムレットが叔父を簡単に殺せる機会があったものの、簡単に殺すことをやめてしまう。祈るシーンなどは、聖書を読んでるような難しさ。

その後、母に「王を殺した男と再婚した!」と責める。
慎みを裏切り、きっと身体の中で悪魔が暴れたのだ!と激しく責め、泣き叫ぶ母。
この時、父の声を聞く。
「母を救ってやれ」と。父は母を傷つけてはいけない...と最初にいった通りかばう。
母には父の声も姿も見えないので、息子の気が狂ったと思う。

気が狂ったふりをするハムレットに、大臣ポローニアスは、娘オフィリアへの気持ちからだという。その話を聞いてしまったハムレット。
オフィリアへ冷たい言葉を放ち、酷く彼女を傷つけてしまう。本当は愛してるのに。
本心ではないのに..。ここでハムレットは彼女に「尼寺に行け!」という。
嘆き悲しむオフィリア。

ハムレットは悩む。
「生きるか、死ぬか、それが問題だ。凶暴な運命の石と矢を耐えるのがいいのか...
それとも苦難の荒海と戦うが尊いのか。死...それは眠ること。
眠ることによりこの苦痛を忘れられるならば、死ぬ方がましだ。死に眠る。眠れば...夢を見る」と、ここで我に戻る。
自殺をやめる。

すべてが、この劇調台詞なのでわかりにくいものの、見始めるとさすがに面白くて引き込まれます。名作だけある...
言葉のひとつ、ひとつの表現がとても名言。
「誰が耐えることが出来よう...権力の不正や、貴人の横暴を。 恋に破れ痛んだ心を、遅い裁判を尊大に振る舞う役人を、濡れ衣着せられる屈辱を...
決心さえつけば、この剣の一突きで死ねるのだ...それなりに過酷な人生に汗を流し頑張る...」

ずっとこんな詩人的台詞です。

私的に気にいった台詞は
「まだ見ぬ不安より、今の不運を受け入れるのだ」

オフィリアの父、ポローニアスをハムレットは母親、(王妃)に再婚したことを罵ってる時、怒鳴り興奮して隠れていたポローニアスを殺してしまう。

かわいそうなオフィリアは、父親ポローニアスの死、ハムレットの冷たい言葉、ショックで気が狂って入水自殺してまう。
ある日、偶然ハムレットは地味にお墓を掘り、埋葬してるのを目撃、それが愛するオフィリアと知り、驚愕、彼女の兄と言い争ってしまう。
それを目撃した国王は、オフィリアの兄レアティーズに、父親を殺したのはハムレットだと告げる。
怒ったレアティーズは、父の敵、妹を狂気、自殺まで追い込んだハムレットに復讐しようと勧められる(国王に話を持ちかけられる)

その気になり、剣の大会を開きハムレットを誘い、剣の先に毒を塗りハムレットを殺す計画をたてる。念のため飲み物にも毒をいれておく。
剣の大会の日、ハムレットの方が強かったが、母親である王妃はハムレット用に用意されてる飲み物に気がつき、自ら飲んでしまう。
国王が気がついたときには遅し...(国王は王妃を愛してた)
王妃は、息子のために危険だと感じた飲み物を飲んでしまったあとである。
王妃は母親として、毒入りの飲み物と気配を感じて飲むのである。息子を守るため。

レアティーズはハムレットに剣でわざと傷つけ、ハムレットは彼を破るが...
(毒入り真剣と気がつくハムレットは、レアティーズを刺し殺す。お互い同じ毒入りの剣でやられたので2人とも時間の問題だった)
その時、王妃が倒れてしまいハムレットは
「これは毒殺!」と、レアティーズの死に際にすべては国王の仕業と聞かされる。

怒ったハムレットは国王を殺してしまう。
その後、自分にもレアティーズの剣の毒がまわり死んでしまう。
最後にハムレットの信頼する部下に、
「猛毒が魂を蝕んでいく。私を心で受け止めてくれるのなら、しばらく天国をあきらめ、この苦しい世に残り私の話を伝えてくれ。最後は....沈黙が待つ」と残して死んでしまいます。
---------------
「ハムレット」名作100選とかに必ず入ってる作品なんですよね。
映画というよりは舞台的な演出の作品でした。
バレエダンサーのようにタイツ姿です。せめてカラーで見たかった作品です。
白黒なんです。一度は観て良いかもしれません。
原作に近い古いものをあえて選びました。



↓応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

Keyword : ハムレット

コメントの投稿

Secret

元演劇人として
見ておきたいんだけど
近所のレンタル屋にないの~(涙)
いつか見てみせる!

私も見た事がありませんが、「生きるべきか、死ぬべきかそれが問題だ」のくだりの台詞だけは知っています。

何だかんだいっても有名なんですね。やはり…。

>なっちゃん
最近のでは、メルギブソンのもあったけど、原作に近いこれにしたの。
すごく古すぎて最初は馴染めなかった(^^;
本物の舞台で見たいと自然に思えたよ~

>mizuchi_junさん
こんばんわ。
有名な台詞ですよね。
やはりこれだけ有名なものは一度は見ておくと良いものだと思えました。
当ブログについて
猫のいる生活を徒然talk

韓国ドラマのブログ韓ドラの奇跡もヨロシク^^

新館・ 韓国ドラマあらすじ園もね。

ランキング
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村
プロフィール

ルッカ

  • Author:ルッカ
  • 猫と韓国ドラマ、X JAPANが好き♪
    別館ブログ・「韓ドラの奇跡」では韓国ドラマネタバレあらすじを書いてます。

    愛するだけ愛して、それでいい。(YOSHIKIの言葉)

ブログランキング
参加中です。1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます^^♪
最近の記事
RSSフィード
ペットロス

ペットたちは死後も生きている

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
猫グッズランキング
★キャットフード

★猫砂

★おもちゃ

★特別療法食
カテゴリー
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

楽天












最新トラックバック
月別アーカイブ
キナコ



♀15歳、偏食、小食、わがまま、 繊細、寂しがりや

ヨシキ




♂15歳、せっかち、大食い、 甘えん坊、天然

トッチ




♂15歳、神経質、甘えん坊、賢い、繊細、野性的

オハギ




♂16歳、乱暴、食いしん坊、甘えん坊、 悪賢い、悪代官

茶々丸




天使猫 ♂20歳 賢い、甘えん坊、
繊細、神経質、我慢強い

ペットジャンルTOP
オハギのダイエットフード
ロイヤルカナン 満腹感サポート
リンク
最近のコメント
愛用カメラ
SONY Cybershot WX7
FC2カウンター
ブログ検索
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。